中国美術品なら高く売れる!?

最近、骨董品買取専門店では中国美術品が高値で取引されています。

中国美術品とはその名の通り中国で生まれた美術品のことで、張善や辺寿民、文徴明、于右任など様々な作家の作品があります。

中国美術品は、古美術品の中でも特に人気がある商品です。

というのも中国には4000年を超す長い歴史がありその中では他の国にはない独特の文化が生まれました。

そのため骨董品買取専門店にも、中国美術品を求める方が沢山来店しているのです。

ちなみに中国美術品は、我が国の文化にも多大なる影響を与えています。

日本において知らない人はいないというほどの人気作家の中には、中国文化があったからこそ大成したといっても過言ではない、という方も沢山います。

また近年中国美術品の人気が高まっていることもあって、2007年中国国家文物局は中国文物の海外持ち出しに関して制限を設け、1911年以前に製作された文物に関しては中国国外に持ち出すことができなくなってしまいました。

そのため古代中国において製作された文物に関しては2014年現在中国国外に持ち出すことができず、その分国内における買取価格が高騰しているのです。

皆様のご家庭には、古い中国美術品が眠っていませんか?

家でほこりをかぶり“邪魔もの”扱いされているその美術品に、もしかしたらとんでもない高値がつくかもしれません。

現在ご自宅に中国美術品があるという方は、一度これを骨董品買取専門店にもっていってみてはいかがでしょうか?

もっていくのが難しい、近所に骨董品買取専門店がないという方はマルミ工藝社というお店が出張買取をおこなっていますのでご覧になってみてくださいね。

思わぬ臨時収入が得られるかもしれませんよ?